须臾

随笔,动漫,音乐
做一个被世界所承载的、渺小的自己
从世界认识自己,让自己感受世界

まんまるお月様(つきさま) 眺(なが)めていたら思(おも)ったんだ每當眺望着渾圓的月光 就會在想

地球(ちきゅう)にぽっかり空(あ)いた 穴(あな)なんじゃないかって  

地球上就沒有突然裂開 空出來的洞穴嗎 

その向(む)こうには 光(ひかり)の世界(せかい)が広(ひろ)がって 

然後在其彼方 光之世界擴展起來

寝(ね)てる間(あいだ)に夢(ゆめ)も希望(きぼう)も 吸(す)い込(こ)まれていくんだ 

在入睡其間將夢與希望 全都逐漸吞沒了

神様(かみさま)どうしてこんな ガラクタを創(つく)ってしまったの?

神明你為什麼 要創造出這般的破爛

心(こころ)のドアの鍵(かぎ)もなんか うまく挿(さ)さってくれないし

心扉之匙也總覺得 好像沒有人能好好插進來呢

いつか私(わたし)も光(ひかり)の中(なか)へ 飲(の)み込(こ)まれて消(き)えてしまうんだ

終有一天我亦會往光芒之中 被吞沒殆盡消失不見的

そして天使(てんし)の輪(わ)っかを着(つ)けて 記憶(きおく)なんて全部(ぜんぶ)捨(す)てちゃって

然後戴上天使的光環 將記憶什麼都全都捨棄掉

どうせ100年後(ひゃくねんご)にはみんな 溶(と)けてひとつになってしまうんだ

反正100年後大家 都會溶化成一體的

それがあなたの望(のぞ)みならば もう迷(まよ)うことなんてないよ

若然那是你的願望 那麼我就能不再迷惘了

星(ほし)が騒(さわ)ぎ出(だ)せば 地球(ちきゅう)は壊(こわ)れてしまうんだ

繁星動搖起來 地球就要崩壞了

空(そら)のカケラはガラスみたいに 降(ふ)り注(そそ)いでゆく

天空的碎片就彷如玻璃 飄降而下

すべてを知(し)ろうとした 私(わたし)の体(からだ)に突(つ)き刺(さ)さって

試着去理解一切 刺進我的身體

憧(あこが)れも愛(あい)し合(あ)う心(こころ)も 切(き)り取(と)られてしまう

憧憬之情或是相愛之心 全都被分割出來了

蒼(あお)い月(つき)の光(ひかり)に 照(て)らされた傷(きず)が痛(いた)むんだ

被蒼白的月光照耀着 傷口就作痛起來呢

あの人(ひと)の名前(なまえ)もいつからか 言(い)えなくなってしまったし

那個人的名字不知從何時起 我已變得無法說出口了

いつか私(わたし)も光(ひかり)の中(なか)へ 飲(の)み込(こ)まれて消(き)えてしまうんだ

終有一天我亦會往光芒之中 被吞沒殆盡消失不見的

そして天使(てんし)の翼(つばさ)を広(ひろ)げ 銀河(ぎんが)の彼方(かなた)まで飛(と)んじゃって

然後展開天使之翼 飛往銀河的彼方去

どうせ100年後(ひゃくねんご)にはみんな 溶(と)けてひとつになってしまうんだ

反正100年後大家 都會溶化成一體的

それが最後(さいご)の望(のぞ)みならば もう何(なに)も怖(こわ)くない

若然那是最後的願望 那麼我已一無所懼

生(う)まれ変(か)わっても

即使我投胎重生了

きっとあなたに 巡(めぐ)り会(あ)える

也一定能 與你邂逅相遇

いつか私(わたし)も光(ひかり)の中(なか)へ 飲(の)み込(こ)まれて消(き)えてしまうんだ

終有一天我亦會往光芒之中 被吞沒殆盡消失不見的

そして天使(てんし)の輪(わ)っかを着(つ)けて 記憶(きおく)なんて全部(ぜんぶ)捨(す)てちゃって

然後戴上天使的光環 將記憶什麼都全都捨棄掉

どうせ100年後(ひゃくねんご)にはみんな 溶(と)けてひとつになってしまうんだ

反正100年後大家 都會溶化成一體的

それがあなたの望(のぞ)みならば もう迷(まよ)うことなんて

若然那是你的願望 那麼我就能

ないよ

不再迷惘了啊 

评论
热度(2)

© 须臾 | Powered by LOFTER